admin のすべての投稿

障害者になって最近思う事。障害を持つことは不幸だとは限らない

もう障害者になって5年がたつのですね、始まりは、脳溢血での、後遺症で、左半身に麻痺が残り、障害者になったのですが、この様になる前は、50歳は越えていましたが、バリバリの野球選手だったので、あまり深刻には思ってもいなかったというのが本音です。

少しリハビリを行えば元の様にまた野球が出来る物だと思っていたのですが、そうはいきませんでした、病院のリハビリの期間も終わり、デーサービスでの、リハビリに移り、杖を突いて少し遅くても何とか人間らしく歩けるようになり、曲がったままのだった肘も伸びるようになりましたが、指はまだ、しっかりと、握ったりはできませんが、仕方ないと思える範囲なのでしょう。

病院を退院して、直ぐに、障碍者手帳を取得しましたが、自分の中では、まだ障害者だとは思っていなかった部分がほとんどだったのですが、ケアマネージャが、進めてくれた、障害者の就職支援施設で、朝礼の時に、一人の指導員の方のお話が、私を変えたのでした、その言葉は、その方のお子さんも障害者らしく、障害者のスポーツ大会へ出ている子供たちを見て涙したとのお話でした。

それまで、私はまだ野球にこだわっていたのですが、自分も障害者として出来るスポーツが有るのではと思ったときにはじめて自分も障害者なんだと意識した時でした、それから、色々な組織などを、つてを頼りに、探し、障害者団体が、スポーツも行っているとのことで、その組織に入ることが出来て、今の自分にできるスポーツを探して、毎週練習をしていますが、自分が、障害者であることを認めていなければ、まだ野球にこだわっていたことでしょう、

完全に野球はやめてはいませんが、試合の応援や、裏方でのお手伝いをしています、野球はチームスポーツですからやはり一緒にやっていた仲間とワイワイ言いながらいるのも井原市になるし、目標にもなるので、今も続けています。

障害者スポーツ

保存

息子の就学説明会に参加してきました。アドバイスをたくさん聞けました

年長になる息子はなんとなく言葉の理解が遅れているような気がして、市の発達相談センターに通っています。毎月第2,4木曜日にセンターの先生と子供の様子を親が確認する教室に通っていますが、今回は教育センターの職員による小学校に上がるための説明会がありました。

子供たちはいつものホールで先生たちと遊び、その間親は別のホールに集まって職員の説明を聞きました。発達が遅れている子や自閉症気味の子などいろいろなタイプの子がいるので、検査をして教育センターや小学校等で審査して必要であれば、特別支援学校等に入学することもあるとのことです。

でも特別支援学校等に入ったら通常のクラスに入ることができないことはなく、本人の発達の具合や保護者や小学校の意向によっては、通常のクラスに入れるように配慮するとのことでした。我が家は家を建てるために土地を探しているところで、もしかしたらこの先別の市に引越すことになるかもしれないので、このまま今の市にお世話になっていいのか迷っていました。

説明の後、用がない人は終わりですが、教育センター主催の保護者と子供の面談の予約を入れるため、殆どの親が残っていました。たまたま近所のママさんがいたので、引越すかもしれないけど、今の市で対応してもらうのがいいのか、引越先の市で対応してもらうのがいいのか聞いてみたら、とりあえず今教育センターの職員がいるから聞いてみたらいいとアドバイスをいただいたので、職員さんに聞くことにしました。

因みにこの近所のママさんのお子さんも発達に遅れがあり、面談の予約を入れてあるとのことで、忙しいようで速攻で帰ってしまいました。教育センターの職員に相談してみたら、引越すかもしれない市であれば連携をとっているので、今の市で取ったデータをそのまま引越先の市に渡せるので、とりあえずは今の市でこのまま面談や検査をした方がよい、とアドバイスを貰うことができたので予約をして帰宅しました。もし子供が特別支援学校に入ってもいいように、心構えをしっかりしていこうと思いました。

就職活動

保存

中学時代に初めた軟式テニスが趣味の一つになった

中学時代、約3年間軟式テニスに打ち込みました。軟式テニスではボールが軽い為、風の向きや強さによって打つ方向や強さを変えなければボールをコントロールできませんでした。最初の方はコートに入れるだけで精一杯でした。力強く打つのにコートに入る人たちが羨ましく思うこともありました。

日々練習を重ねると、徐々に力の加減がわかりボールをコントロールすることができるようになりました。一試合、二試合と勝ち進めるようになると本当に嬉しく、ここまで練習してきて良かったと思えました。しかし私は精神面のコントロールは上手ではありませんでした。

上手くボールを飛ばせなかったり、ネットにボールを当ててしまって自分のコートに落としてしまったり、失点が重なれば重なる程精神面がやられて自滅するパターンがほとんどでした。ラケットに当たることさえありました。今思うと道具に八つ当たりしていた自分が情けないです。

コーチにも「質はいいのに精神面が弱すぎる」と言われることが多々ありました。自分でも精神面が弱すぎると感じでいたので、失点したら深く深呼吸をしたり、気持ちが安定するまで時間をかけてサーブを入れたり、精神面の向上に努めましたが引退するまで治すことが出来ませんでした。

テニスを辞めてから1年後に中学時代の友達にテニスをやろうと誘われました。中学時代にお世話になったコーチの元で始めて試合にもでました。中学時代に精神面の弱さに苦しめられましたが、その時は自分の気持ちのコントロールができるようになっていました。中学生の頃に悩まされていたものが大人になるにつれて成長できていたことにビックリしました。

今では軽い運動としてテニスを続けています。中学時代にテニスを習えたことによりストレス解消の一つになっています。中学生の頃にテニスに出会えて、信頼できるコーチに出会え、友達に出会え私は凄く幸せです。学生時代に打ち込めたことが、今こうして自分の趣味として増えたことが何よりも嬉しいです。

保存

運動不足の社会人がフットサルをしたら筋肉痛になった

社会に出ると、学生の頃と比べて運動する機会は、少なからず減ってしまいますよね。仕事をするにも勉強会をするにも、健康な体があることは大切なことです。そこで先日、貴重な休日を利用して、職場のスタッフたちを連れて、フットサルをしてきました!

職場の近くには、誰でも利用できるスポーツ施設があります。屋内には大きな温水プールがあるほか、屋外にはバスケットボールやテニスが出来るコートがあります。スポーツジムも併設してあって、夜には仕事帰りの方々が、ランニングマシンで汗を流しながら走っている姿をよくよく見かけます。その中でも人気の高い、大きなフットサル場をお借りして、遊んできました。

その日は、あいにくの雨降りでしたが、屋外だったものの、雨よけの屋根があったので、気にせずに遊べました。ボールはもちろん、ギブスなども借りることができるので、わたしたちはほぼ手ぶらで行きました。参加したスタッフは、全員女性だったため、本格的な試合というわけではなくあくまで、“なまった体をたくさん動かすこと!”を目的として、ボールをひたすら蹴りに蹴り続けました。準備運動をしっかり行った上で、怪我だけはしないようにしっかり徹し、臨みました。

普段運動をしないことが完全に裏目に出たようで、バテるのがかなり早かったように思います…。ともかく、みんな楽しめたようだったので、企画したわたしも嬉しく思いました。翌日、一人残らず筋肉痛になってしまい、仕事をするのも一苦労だったことは、言うまでもありません(笑)結果オーライです!こういった施設があると、とてもいいですよね!定期的にこういった会を開催して、楽しみながら体力づくりができればな?と思いました。

埼玉フットサル

保存